歯内療法

保存治療専門医とは

私はファミリーデンティストとして一般診療はもちろん行いますが、歯内療法の“保存治療専門医”の資格をもっています。

歯内療法と聞くと、少し分かりにくいでしょうが、「歯内療法」という文字から想像できますように、歯の内部の治療のことです。

私は 歯の根の中の管(根管)に関した治療、歯内療法を歯科大学では専門に学び、臨床経験も約25年あまり積んできました。

根管治療の必要性

歯科医院では、よく「神経を残しましょう」「神経とりましょう」という説明を聞いたことがあると思います。

その「神経」と呼ばれている歯髄という軟らかい組織があり、その根の先端があごの骨の中の神経や血管とつながっています。

この歯髄が、むし歯などで、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。

このような時に、 ケースによっては、その歯を救うために、根管治療を感染がなくなるまで行います。

あるいは、歯髄をできるだけ長く機能させるために、歯髄の一部や全部を除去して歯を残す治療をし、歯髄の除去後に空洞になった根管の処置を行います。

歯内療法の多くは歯の神経の治療で、歯の土台としての根管の処置、根管治療です。

根管治療によって生来の歯をなるべく長く保存することが可能になります。

むし歯によって破壊された歯であっても根管治療によって保存することによって、 生来の歯と同じく咬む力を再現して、自分の歯を永く機能させることができるようになります。

そのためには、歯の痛み、歯肉の腫れ、 歯の外観を視診して、さらにX線写真などで、感染の状態を知るための審査診断を行います。

その結果をもとに根管治療を行います。

歯を残すための根管治療

治療をする歯の根の中心を通る根管は非常に細く(直径1㎜以下)、弯曲している場合もあります。

このような根管に対して、 小さな器具を入れて清掃し、管の中の形態を整える高度な処置が行われます。

それには根管治療の豊富な経験と高度な技術が必要となります。

当院では「保存治療専門医」の私(院長)が責任を持って治療を行います。

当院での実績から、熟練の技術できちんとした根管治療を行えば、歯を抜くことことは稀なことで、歯を残すことが高い確率で可能になります。

ですから、むし歯などから歯を救うための基礎は、根管治療にあると考えています。

当院では、精密な根管治療、正確な修復・補綴処置・丁寧なメンテナンスの3本の柱を確立して、やり直しのない歯科治療を提供しています。