一般歯科

虫歯の治療について

不慮の事故以外に歯を失う原因は、虫歯と歯周病の2つといっても過言ではありません。
という事は、この2つを防ぐことが出来れば生涯にわたり自分の歯を保つことができるのです。

生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、口腔内の環境を良くする事が大事です。
虫歯がある場合はまず虫歯治療をすることが第一歩になります。
大人の虫歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。
当院では抜歯は最後の手段と考えています。
歯をできるだけ残すためにも早めに治療においで下さい。

治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで虫歯リスクを最大限減らすことが出来ます。

とはいえ・・


歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
わかっているけど、虫歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている

というように、歯科医院が怖い・・と思われている方はまだまだ多いのが現実です。
怖い原因は
治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか解らないと言った不安要素が大半のようです。

当歯科医院では痛くない治療を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。気になることやわからない点についてはご遠慮なくお尋ねください。

歯周病ついて

歯周病の限界

上下左右に動くと、歯周病の限界です。

歯周病は自覚症状がないので気が付いた時にはすでに重度歯周病だった。ということが珍しくありません。少しでも異常を感じた際にはぜひご相談ください。

入れ歯について

貴方にぴったりな入れ歯をおつくりいたします

当歯科医院では患者さんひとりひとりにあった、最適な入れ歯をおつくりいたします。
入れ歯は健康保険適用の入れ歯から、自費診療扱いの入れ歯まで様々です。
ご予算、ご要望に合わせておつくりいたします。

保険適応の入れ歯と自費の入れ歯の違い

健康保険適用でお作りする入れ歯はレジンという樹脂でできています。右の画像は左側がレジン、右側が自費診療扱いの、金属を入れた金属床の入れ歯です。
金属の種類は、「金」「コバルトクロム」「チタン」などがあります。
特徴としては
いずれも金属なので熱伝導が高く、食べ物の冷たい、熱いなどがすぐに感じれること
薄く作れるので装着時の違和感が軽減される。
などです。

レジン床と金属床の違い

上図のように横から見るとレジン床と金属床の入れ歯では、厚さに違いがあるのがはっきりとわかると思います。この差が、装着時の違和感の有無や噛み心地にも大きく影響します。

入れ歯の調整について

当歯科医院では、入れ歯の調整も行っております。
何となく痛い、すぐにずれたり外れたるする場合はぜひ調整においで下さい。